2010年03月01日

筆跡鑑定

『筆跡鑑定』とは、複数の筆跡を比較し、それを書いた筆者が同一人であるか別人であるかを識別するもので、専門的には筆者識別という。 筆跡の鑑定は、筆跡に現れる個人内の恒常性と希少性の存在を識別する事によって成立する。筆跡鑑定の根拠筆跡の個性文字は、人が相互に意思を伝達するために、統一的に定めた記号である。この文字を記載する際には、起筆から終筆まで、筆記具による運筆行動が不可欠となる。このとき、記載者に固有の書癖による運動軌跡が記されて、筆跡上の個人差が生じることとなる。これが、他人よっては見ることが出来ない、筆跡上の個性というものである。筆跡の恒常性個人の筆跡は、常に個性を持って存在している。しかし、常に不変不動のものではない。記載時の客観的条件や心理状態によって、多少の変動は不可避的に生じるから、恒常性と言っても完全に不変不動と言うものではなく、その変動が、一個人の筆跡として異同を比較検査した場合、許容の範囲内にあって無視得る程度のものであることを意味している。筆跡の特徴筆跡は、点と線の集合及び組み合わせによって構成されている。筆跡の鑑定では単にそれらの点や線を形態的に観察・検討するのではなく、筆跡から見出すこの出来る個性や筆記具などの影響などの影響にも考慮し、筆跡特徴を捉え、総合的判定を行うものである。筆順文字を書く際の順序については、文部科学省による筆順指導の手引によって一定の順序が定められている。しかし、実際には必ずしも手引きに従って万人が同じ筆順で書かれているわけではないから、個人別に見るならば、ほぼ同一筆順によって書き記されるから、文字ごとに固有の特徴を示すことになる。字画構成個々の文字ごとに字画線の交叉する位置や角度や位置など、組み合わせられた字画線間に見られる関係性によって、個人癖の特徴を発見する事が出来る。字画形態個々の文字における、画線の長辺、湾曲度、直線性や断続の状態、点画の形態などに見られる筆跡の特徴には、書き記した個性が明確に発見できる。筆勢文字を書く場合に見られる、書の勢い、速さ、力加減、滑らかさ、などの筆使いを筆勢と言う。筆圧測定などを用い実験的データを基に観察され、客観的に判定される。筆圧文字を書く筆記具で記載面対して加えられた圧力。コンピューター解析による、モアレトポグラフィー法(モアレ縞を利用して筆圧痕を測定する方法)などが研究されて

<雑記帳>ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
鳩山首相、自殺問題に「政府として正面から取りかかる」(産経新聞)
児童虐待も匿名通報=2月から対象を拡大−情報に最高10万円・警察庁(時事通信)
<雪>交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
<生駒市長選>山下真氏が再選(毎日新聞)
posted by オクノ マサヒロ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。